環境教育

森・川・湿原・海。さまざまなフィールドを活かした地域型の環境教育を行っています。
地域の自然や人とつながった体験学習・総合学習プログラムです。

きりたっぷ子ども自然クラブ

子どもクラブ

きりたっぷ子ども自然クラブは小学生対象の自然体験活動です。
自然の中で遊ぶことを通してたくましい子に育って欲しいという想いから2006年にクラブを結成しました。
自然の中で遊んだり、漁師さんの技を習ったり、アウトドアクッキングをしたり、無人島探検をしたり・・・。
毎月1回から2回の活動を行っています。
参加希望の方は、湿原センターまでご連絡ください。(会員登録は無料)
会員登録後、活動案内を送ります。

活動スケジュール
活動報告

自然体験学習

自然体験学習
保育園・小学校・中学校・高校など、学校向けの自然体験学習を行っています。
自然の中での体験を重視し、体験を通しての子どもたちの発見や気づきから自然を学ぶ活動です。
長靴を履いて湿原の中を歩く長靴トレッキングや、霧多布湿原の成り立ちを地層をとって学ぶ活動、自然の素材を使ってのクラフト、冬の歩くスキーなど、季節を通しての自然体験を行っています。

ボランティア活動

ボランティア活動
湿原を歩くルートを整備したり、木道を直したり、清掃活動を行ったり、と霧多布湿原を保全するためのボランティア活動を行っています。
学校や企業など団体で参加されるところもあります。
内容や日程などご相談下さい。